しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
頭のうちどころが悪かった熊の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

頭のうちどころが悪かった熊の話

  • 児童書
作: 安東 みきえ
絵: 下和田サチヨ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784652079027

B6判 19cm

出版社からの紹介

もし人生の意味に悩んだらとりあえず食べてみてください。「小さな童話大賞」(毎日新聞社主催)受賞作『いただきます』を含む、人生について考える7つの動物ショートストーリー。

ベストレビュー

あなたが何歳であったとしても

 この本のことは、小泉今日子さんが読売新聞に掲載した書評を集めた『小泉今日子書評集』で初めて知りました。
 2007年に理論社から単行本で出て、今では新潮文庫に収められていますから、たくさんの愛読者がいる一冊になっています。
 この本のことを小泉さんは「何冊も買っていろんな人のお誕生プレゼントにしました」と書いていました。
 なんとも不思議なタイトルの本を誕生日プレゼントにもらった人は、一瞬きょとんとなるかもしれません。でも、せっかくもらったのだからと、読んでみて、初めて贈ってくれた人のあたたかさがわかるのではないかと思います。
 だから、もし、この本を誕生日プレゼントでもらったら、とっても大切にされていると思って下さい。

 小泉さんは、また、こんなことも書いています。
 「子供の頃にこの物語を読んだら私は何を感じ、何を考えたのか知りたくなった。」
 それは少し違う気がします。多分、この本にはいっている話は子供だけでなく、十代でも二十代でも感じ方が違うと思います。結婚して(しなくてもいいのですが)子供が出来て読むとしたら、ハードな仕事を任された時に読んだとしたら、定年になって仕事を辞めたときに読んだ時も、また違った読み方になるような気がします。
 私が読んでみたいと思うのは、もう間もなく命の灯が尽きようとしているその数時間で、この本を読んだら、「何を感じ、何を考えたのか知りたくなった」です。

 この本には7篇の動物寓話が収められています。
 私が好きなのは、「ないものねだりのカラス」。この話はみんなに嫌われていたカラスがシラサギと友だちになって温かな気持ちになる話。
こんな素敵な文章があります。「ただのにぎやかなだけのおしゃべりは、心からの言葉とは違う」。
 この文章に出会っただけでも、この本を読んだ値打ちがあったような気持ちがします。
 でも、きっともっと若い時に読んでいたら、別の作品がお気に入りになったかもしれません。そのことがわからない。それがとっても残念で仕方がありません。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安東 みきえさんのその他の作品

ゆめみの駅 遺失物係 / ヒワとゾウガメ / ポプラ文庫ピュアフル 天のシーソー / ワンス・アホな・タイム / まるまれアルマジロ! 卵からはじまる5つの物語 / 夕暮れのマグノリア

下和田サチヨさんのその他の作品

ジャムの絵本



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

頭のうちどころが悪かった熊の話

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット