もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
うそつきの天才
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うそつきの天才

  • 児童書
作: ウルフ・スタルク
絵: はた こうしろう
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1996年11月
ISBN: 9784338133036

B6判/71ページ

出版社からの紹介

「もう、うそはつかない」と誓いながら、しょうこりもなくうそをつくウルフ少年。ところが作文の時間にりっぱな文章を。2短編収録。

ベストレビュー

スタルク作品の原点でしょうか?

スタルク作品の原点でしょうか?   ☆☆☆☆☆ (10歳)

ウルフ・スタルクの自伝的な小編が2作。
うそつきだった自分、作文を友だちと競い合った自分。
スタルクの作品の面白さの基礎がここにあったのかと納得しました。

「うそつきの天才」
親のサインを模倣して自慢していたら先生にばれてしまったウルフ。
親に本当のことを話さなければいけないと思ったら、ウルフは家出してしまいました。
そこからの道中に繰り返されるうその連発。
あれこれあって家に戻ったウルフが改心するのかと思ったらやっぱりうそつきが始まりました。
でも、ウルフは夢を見ているのです。
空想の世界の主人公になっている自分。
子供らしくていいと思うけど。
子どもも納得でしょう。

「シェークvs.バナナ・スプリット」
ライバルのヨーランと作文の評価を競うウルフ。
先生の評価に納得のいかないウルフは、難しい言い回しを多用して「これじゃわからん」と言われたり、サービス満点の比喩を多用して「つまらん冗談をいうな」と言われたりします。
このサービス満点さがスタルク作品の制作信条だと思うのですが。
最後のどんでん返しが面白い。
ヨーランの読み上げた作文はノーベル作家スタインベックのパクリ。
それより面白いといわれたウルフの作品は、実話のような創造。

スタルクは人まねをしない作家、サービス精神旺盛なほら吹き作家なのです。

自分の方が納得です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / はじめてのオーケストラ / みちくさしようよ! / なのだのノダちゃん (2)ひみつのわくわく七ふしぎ / まてまてさん / きかせたがりやの魔女



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

うそつきの天才

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット