あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
でっかいあかいバスがきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でっかいあかいバスがきた

作: ジュディ・ハインドリー
絵: ウィリアム・ベネディクト
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年2月
ISBN: 9784566003576

幼児〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

でっかい あかい バスが どうろのあなに、つっこんだ。あとからトラックがきた。とおれない。そのあとからオープンカーが、オートばいが、ロードローラーがつぎつぎとやってきて、みんなとまってしまった。どうしよう? たすけて! ダイナミックに展開する、ユーモラスな絵本。

ベストレビュー

みんなで助けてあげます

2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。バスが好きな息子ですが、ちょっと変わった切り口の絵本でした。赤いバスが走っていると、道の大穴にタイヤが落ちてしまい、そこでストップ。その赤いバスの後ろに走ってくる車を次々と停めてしまい、どうなることやら・・・と思ったら、みんなでバスを引き上げ、その穴を避けて通り抜け、最後には穴を埋めてしまい、何事もなかったように道が戻る。バスが主役なのかどうかわかりません。でも、バスが事件を起こしています。そして、それをみんなで解決するという助け合いのテーマなのです。道路も無事に戻ってよかった、とほっとしますよ。

バイクや工事車両、オープンカーなど様々な車がでてきます。車が好きなお子さんにはおもしろい本かもしれませんよ。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

久山 太市さんのその他の作品

はじめはタマゴ / ニャゴマロのコンテスト もっともうつくしいでしょう / ニャゴマロくんとチイヒゲちゃん / ゴリオとヒメちゃん / ネコのニャゴマローあいの ものがたりー / グラファロのおじょうちゃん



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

でっかいあかいバスがきた

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット