貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくのポチブルてき生活
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのポチブルてき生活

  • 絵本
  • 児童書
作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年06月
ISBN: 9784034390504

小学初級から
21cm×16cm/72ページ 判型:A5判

7〜8歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ポチブルは手紙を書くことが大すきな犬。風やくじら、ありへ手紙を書きました。手紙からすてきなポチブルてき生活がわかります。

ベストレビュー

なんとも不思議な味わい

一匹の犬がいろんな相手にお手紙を書き、そのお返事をもらうとうお話。毎回、お手紙が紹介されます。
風にお手紙を書いたとき、「えーっ。こんなものにまで?!」と思ったのですが、あまかったです。なんと、やじるしにまで手紙を書いてしまうのですから!いろんなことに疑問を持ち、いろんなものと文通する、シンプルな暮らしですが、とってもぜいたくな生活だと思いました。
犬の語りで進むからなのか、不思議な味わいのある本です。心地よい余韻が残ります。娘も何度の読み返しているようなので、子どもにも魅力的のようです。
(じっこさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやま ようこさんのその他の作品

りっぱな犬になる方法+1 / ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

ぼくのポチブルてき生活

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット