もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
もったいないばあさんと 考えよう 世界のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もったいないばあさんと 考えよう 世界のこと

  • 絵本
作・絵: 真珠 まりこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「もったいないばあさんと 考えよう 世界のこと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


真珠まりこさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

「もったいない」っていうことは、命を大切にするということなんじゃよ
命をまず第一に考えていれば、こんな問題はおきなかったはず――『もったいないばあさん』の作者が子どもたちに語る、地球の問題と世界の子どもたちのお話

ベストレビュー

知っていてほしい

もったいないばあさんが地球の色々な国に住んでいる
9歳の子供たちを紹介してくれます。たとえば
ある子は学校に行けず働いています。
ある子は路上で生活しています。
ある子は地雷で足を失っています。
ある子は嫌いな物を食べ残しています。

そして、10の問題が書かれています。
異常気象・森林伐採・戦争・難民・貧富の差など・・・
それらが世界の子供たちにどんな影響が出るのかを
子供たちににも分かりやすく伝えようと
できるだけ難しい言葉を使わずに書かれています。

3年生の娘には自分で読んでも、理解できない部分がまだありましたが
5.6年生になれば理解できるような内容かと思います。
3年生でも一緒に読んで説明してあげれば理解していました。
1年生は横で耳をふさいで「読まないで」と言っていました。
聞きたくないような現実が伝わったのでしょう。
だって怖いですよ。
パパが戦争で死んで、自分が銃を持たされて戦場へ行かされる。
今は無理に話そうとは思いません。
でもね、理解できる年齢になったらまた伝えたいと思います。
その頃にはほんの少しでも良い状態に向かっていることを願います。

まずは大人が読んでみて下さい。
子供と世界の子供たちのことを話すきっかけに良い本です。
学校で教育を受けられる事って普通だと思っているけれど
たまたま日本に住んでいるから普通だと思えるんだよって気づきます。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

真珠 まりこさんのその他の作品

もったいないばあさんの知恵袋 / かまくらレストラン / おたからパン / もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし / イカになあれ / ぽんぽん



葉祥明さんの描く不朽の名作

もったいないばあさんと 考えよう 世界のこと

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット