雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
子(こ)くじらカーポくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子(こ)くじらカーポくん

作・絵: 桜 しぐれ
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,300 +税

「子(こ)くじらカーポくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

南の暖かい海で生まれたくじらの子・カーポくん。カーポくんが少し大きくなると、ママくじらが言いました。「カーポくん、ママといっしょに、しずかな北の海のおうちに帰ろう」。パパの待つ北の海へ、ママとカーポくんの長い長い旅が始まりました。迷子のウミガメの赤ちゃんと会ったり、たくさんのさかなたちと泳いだり。しかしある日、怖い密漁者たちの船に追われます。たくましく成長する子くじらと家族のきずなを、やわらかな色彩で描いた童話絵本。

ベストレビュー

優しい絵柄に充実した内容

とてもやさしい絵柄で描かれていて、お話に引き込まれていきます。
面白い本を読んだと思えました。子くじらとママくじらが主人公です。

海の中の日常風景に、まったりしていると、穏やかで優しい気持ちになれます。普通に読めるけど、なんか面白い。

ある日、窮地にたち、物語がいっぺんしていきます。
少し泣けシーンもえがかれていて、心にジーンときます。
少し泣きたい方には、すごくお勧め!!

子くじらが成長と、くじら家族のキズナを描いているようです。
内容には、充実感があると思います。

女のお子様にも、喜ばれそうな内容。
お子様が5.6歳くらいだと、読み聞かせに、よさそう。
小学低中学年くらいの漢字で書かれており、漢字にひらがなが書いてあるから、幼いお子様でも、読み進められそうです。
(水色チューリップさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

子(こ)くじらカーポくん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット