ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
まほうのえのぐ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうのえのぐ

  • 絵本
作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年8月15日
ISBN: 9784834012804

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

よしみは、おにいちゃんに借りた念願の絵の具でおえかきを始めますがうまく描けません。絵の具をくわえたへびを追いかけて森へ行くと……。優しさあふれるファンタジー絵本。

ベストレビュー

お絵描きの愉しみ

娘もお絵描きが好きなので、楽しく読む事ができました。
よく見ると森の動物たち、それぞれが個性的な絵を描いているのも興味深かったです。

スズメの絵が人間のおじいさんの絵だったり(いつもエサをくれる人なのでしょうか?)
カラスの絵が都会のビル郡だったり(よく飛び回っているのかな?)
クマの絵がかわいい緑色のクマの絵だったり(自画像?それとも好きなお友達?)
キツネはしっぽを筆にしてカラフルな抽象画を描いていたり…
森の木にも表情があって、お絵描きするみんなを見守っているのも印象的でした。

主人公、よしみちゃんの絵は?
裏表紙で見る事ができます。
確かに、これはお兄ちゃんもびっくりですね!

娘も2歳の頃は、絵の具を持たせるとよしみちゃんの様に濃い色で塗りつぶす感じだったのでなつかしく思い出しました。最近は準備と後片付けが面倒で(親の怠慢ですね)、家で絵の具を使ってお絵描きしていなかったので、これを機に親子でやってみたいと思います!!
(いちがつにがつさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

林 明子さんのその他の作品

ひよこさん / くろねこトミイ / にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

まほうのえのぐ

みんなの声(111人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット