モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ふしぎなもみのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎなもみのき

作: 河村 員子
絵: 拓 新太朗
出版社: CR企画(いのちのことば社)

本体価格: ¥1,165 +税

「ふしぎなもみのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

おはなし

 明日はクリスマス。でも男の子の家は貧しくて、クリスマス・ツリーも食べるものもありません。お父さんは病気、お母さんは赤ちゃんのお世話で仕事ができないのです。男の子は裏山にあるもみの木を切り、町へ売りに出かけました。「もみの木、もみの木、クリスマス・ツリーはいかがですか」。でも、誰も買ってくれる人はいません。町外れまで歩いてみると、ぽつんとむこうに家が一軒見えました。思いきって戸をたたき「もみの木はいかがですか」と男の子がたずねると、出てきた大きな男の人は「ぼうや、うちは植木屋なんだよ。もみの木ならもうたくさんあるのさ…」。そこは植木屋アイデルさんの家だったのです。それを聞いた男の子は、ワッと泣き出してしまいました…。

みどころ

 男の子の清らかな心が、小さなもみの木を、世界一の美しいもみの木に変えるクリスマスの夢物語。もみの木がどんどん大きく伸びてゆく場面は、ページをめくるたびに驚きの連続となるでしょう。また同様に、ここの描写は簡潔でテンポがよく、物語の大きな山場でもあります。
 キリスト教的なクリスマスの絵本ですが、心の交流という視点では普遍的とも言えます。前半、寒い風の中、はだしのままの男の子の姿に胸が痛みますが、その分、男の子とアイデルさん一家の出会いに心が温まります。やさしいタッチの色鉛筆の色彩が、さらに素朴で温かい印象を加味しています。
――(ブラウンあすか ;絵本ナビ オフィシャルライター)

ベストレビュー

不思議なもみの木、見てみたい

 貧しい男の子が売ろうとして売れなかったもみの木。親切な植木屋さん一家とのふれあいに感謝した男の子が、そのもみの木を植えると、男の子の純粋な気持ちがもみの木に魔法をかけたのか…、不思議なことが起こりました。
 もみの木がどんどん大きくなるところは、本を抱えているわたしたちまでもが魔法にかかったような錯覚を覚えます。空からきらきら降りてきたお星様がもみの木を飾るなんて、どんな光景でしょう。子供もその場面を想像するのが好きなようです。物に囲まれたクリスマスより、温かい人に囲まれたクリスマスの方がずっと素晴らしい。そんなクリスマスの意味が再確認できる作品です。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ドイツで大人気!バニーが日本上陸

ふしぎなもみのき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット