となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
おばけエントツ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけエントツ

作: ふじもと かずのり
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,200 +税

「おばけエントツ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ずっとずっと前、姿を消した発電所の4本のエントツ。町の子どもたちはそれを見るのが楽しみでした。なぜって? それは電車に乗って見ると、本当は4本なのに3本になったり2本になったり、1本しか見えなくなったりする不思議なエントツだったから。このエントツのことをみんな「おばけエントツ」って呼んでいたんだ──。大正15年、東京・足立区に建設され、昭和39年に姿を消した東京電力千住火力発電所の煙突を今に伝える絵本。

出版社おすすめ




国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

おばけエントツ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット