ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くろいマントのおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろいマントのおじさん

作・絵: 金森宰司
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「くろいマントのおじさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月20日
ISBN: 9784834016765

読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

出版社からの紹介

村の広場に現れた黒いマントのおじさんは、不思議なおじさん。鞄から気球を取り出し、膨らますと、空へ上り、笛を吹く──懐かしい温もりのある、美しい絵本。

ベストレビュー

不思議な感覚

私の食わず嫌いの絵本は
絵が好みではないーこと
なのですが、妙に気になり
この絵本、図書館から借りてきました

えっ!!
このおじさんだけでなく
登場人物みな、頭小さく身体大き過ぎ・・・
なんとなく西欧風な雰囲気の街で
旅芸人?
セールスマン?
的なおじさん

笛はよかったけど
大きなカバンは、気球\(◎o◎)/!

突然スケールがでかくなり
心配が的中して
危ない!!

でも・・・

「ぼく」だけが関われたこの奇妙なおじさんと
気球体験とその後

はらはら・どきどき感がいいのかな?
「ぼく」だけが相手をしてもらっているのが
いいのかな?

そして・・・

たった、それだけのことーといえばそれまでですが
なんでしょ?この感覚は
なんとも不思議な感覚になりました

こどもの空想の世界の出来事なのかな・・・
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

くろいマントのおじさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.7

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット