もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
きつねはらっぱのおじぞうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねはらっぱのおじぞうさん

作: 清水 達也
絵: 石倉 欣二
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きつねはらっぱのおじぞうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

出版社からの紹介

「お地蔵さんの顔が赤くなると嵐がくる」という言い伝えを知った意地悪ぎつねのゴロべ。さっそくお地蔵さんにいたずらすると…。

ベストレビュー

いなくなっていいことなんてないですよね。

このお話は、コンタとコンコの2匹の狐が仲良く遊んでいると意地悪狐ゴロベが、2匹にいたずらをします。それでも懲りずに、コンタを困らせようとします。お地蔵さんの顔が赤くなると嵐が来るとの言い伝えがあります。ゴロベが、お地蔵さんの顔を赤く塗ったのを知らないコンタは、みんなに知らせに行くと、本当に嵐が来てしまいます。この類の話は、だいたいの物が意地悪な者を退治しておしまいです。でも、このお話は、避難場所にゴロベがいない事に気づくと、誰かが「あんなやつ、いなくなりゃあ、みんなよろこぶよ」と言うと爺さん狐が「誰だって、いなくなっていいことなんて、ないはずじゃ。・・・」と諭し、爺さん狐とコンタがゴロベを捜しに行くのです。読み聞かせている親も、聞いている子も意地悪ゴロベなんか・・・。と思っている所に爺さん狐の言葉は、胸にグッサと刺さりました。ゴロベもあんなになりたくて成っているのではなく、人間に両親を鉄砲で殺されて、ずっと、一人ぼっちだったからなんだと解ると、ゴロベを憎めなくなりました。ゴロベが助かっていた事が分かると良かったーあと思ました。こんな時代だからこそ多くの人に読んでもらいたいと思った本です。
(ぷちどりーむさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


清水 達也さんのその他の作品

魔女がいっぱい / 里山の少年 / あんこ 4 子ネコの「あんこ」里山でびっくり  / あんこ 5 子ネコの「あんこ」里山の森  / あんこ 6 子ネコの「あんこ」里山の蔵  / あんこ 3 子ネコの「あんこ」里山の朝

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

きつねはらっぱのおじぞうさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット