くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
楽園の王者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

楽園の王者

作: 藤原 圭花
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,300 +税

「楽園の王者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

主人公はカブト虫の兄妹、カブト、カブノスケ、カブロク、カーコ、カブキチ。卵から幼虫、成虫と無事に育った5匹は、それぞれ林の中に飛び立っていく。そこでまず待っていたのは、樹液を巡る虫同士の争い。心も体も傷ついたカブトたちだったが、蝶の「ひら子」や蛇の「長太」らさまざまな仲間と関わりあううちに、本当は昆虫の王者よりも、心の優しいチャンピオンになりたいのだと気づく。本当の幸せとは、成功とは何か。殺伐とした現代だからこそ、多くの年代におすすめしたい童話。三重県松坂市の言葉で書かれた会話文が大変味わい深い。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

楽園の王者

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット