だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
アップルパイをつくりましょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アップルパイをつくりましょ

  • 絵本
作・絵: マジョリー・プライスマン
訳: 角野 栄子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,260 +税

「アップルパイをつくりましょ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784892386145


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 アップルパイを作りましょう。でも、もしもマーケットがお休みだったら……。大急ぎで旅行の準備をして、アップルパイの材料を手に入れるために世界中を訪ねましょう。イタリアでは小麦、フランスではたまごを産んでもらうにわとり、スリランカではシナモン、イギリスではしぼりたての牛乳を提供してくれる牛を手に入れて……。まだまだ旅行は続きます。

みどころ

 新鮮なアップルパイの材料を求めて世界中を飛び回る女の子が主人公。船上でイタリア語の勉強をしたり、パリ行きの列車に飛び乗ったり、スリランカでは象に乗ってみたり……と、女の子の心をくすぐる旅行気分も一緒に味わえる楽しい作品です。たまごや牛乳など日持ちのしない材料は、その産みの親をそのまま連れて帰るという大胆さ。塩は海水、砂糖はサトウキビからという徹底ぶりは、見ていて小気味いいほどです。もちろん巻末には、パイの皮と具の作り方つき。見返しには世界地図が紹介され、地理+お料理が一緒に学べる賢い一冊になっています。軽やかな筆さばきの明るい水彩画は、ご機嫌なパイ作りをかわいく演出しています。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

大がかりなアップルパイ

このお話は、主人公の女の人がアップルパイを作るお話でした。でも、材料を買うお店が閉まっていて、材料を集めるために世界中を回っていました。うちの子はそれを見て、「お金かかるでしょ〜!」って言いながら笑って見ていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / ねむりひめ / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 角野栄子さんと子どもの本の話をしよう / トンネルの森 1945



風変りで美しい表現方法がたくさん!

アップルパイをつくりましょ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット