となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
創作児童文学 ちょんまげ絵くらべホーホケキョ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

創作児童文学 ちょんまげ絵くらべホーホケキョ

作: 太田 甲子太郎
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,300 +税

「創作児童文学 ちょんまげ絵くらべホーホケキョ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

時は江戸時代。月白村に絵をかくことが大好きな葉菜作という男の子がいました。彼が十五歳になったころ、村の大金持ちのところに有名な絵師がやってきました。日がな一日、絵師の仕事を見ている葉菜作に絵師も何かを感じたのか、絵のかきかたを教えるようになりました。それから数年、葉菜作はお抱え絵師を目指してお殿様が開いた「絵くらべ大会」に参加しますが……。貧しいわが家を助けるため、お抱え絵師を目指す少年を描いた物語。

出版社おすすめ




『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

創作児童文学 ちょんまげ絵くらべホーホケキョ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット