あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
こぞうさんとおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぞうさんとおばけ

  • 絵本
作・絵: はせがわ かこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784477019468

A4変型判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

和尚さんが今夜は、出かけて留守。夜、おしっこがしたくなり、便所へ行くが、闇にに光るあやしい目。あわてて本堂に逃げかえり、太鼓をたたいてにぎやかにするが、それが呼び水になって・・・・。
おそろしいおばけにかこまれたこぞうさんは、腰をぬかすが、気をとり直し、おばけを追い返そうとしますが・・・・・。




ベストレビュー

小僧さん、頑張った!

怖がり小僧さんと、おばけのお話です。

おばけが怖くて太鼓を叩く、というのが面白いと思いました。
確かに、大きな音を立てるとおばけもビックリして逃げていきそうですし、叩いてるうちに何だか力が湧いてきそうですね(^^)

で、気が付くと、太鼓の周りにタヌキやウサギやリスたちがやってきて踊っていた、というのも可愛かった!

お話はそこで終わりかと思いきや・・・なんと!本物のおばけが登場します。これがなかなか怖いのです。

最後、けむくじゃらおばけが飛びかかって来た時は、「うわぁ、危ない!」とドキドキハラハラ。
でも、勇気を振り絞って見事撃退!!
小僧さん、頑張ったね(^^)

最後におしっこに行ったところでは、息子も「まだ行ってなかったんかい!」と突っ込んでいました(笑)
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はせがわ かこさんのその他の作品

じゅんばんこ! / 2月のおはなし 鬼まつりの夜 / みんなをのせて バスのうんてんしさん / 102ひきのねずみ / 紙芝居 絵(え) からとびだしたネコ / どうぶつげんきにじゅういさん



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

こぞうさんとおばけ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット