新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おとうとは青がすき

おとうとは青がすき

作: イフェオマ・オニェフル イフェオマ・オニェフル
訳: さくま ゆみこ
写真: イフェオマ・オニェフル イフェオマ・オニェフル
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「おとうとは青がすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784033285405

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜
22cm×29cm/19ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

身近なものの色を通してアフリカの生活・文化を紹介する写真絵本の第三弾。遊び、食べ物、家族など子どもの日常を鮮やかに映す。

ベストレビュー

色彩の中に生活が浮かび上がる

『CHIDI ONLY LIKES BLUE』が原題。
アフリカの色のお話、と副題にあります。
ナイジェリアのカメラマンでもある作者が、アフリカの文化や生活を紹介する写真絵本。
少女ンネカが、弟チディのために、いろいろな色について語る構成となっています。
「青が好き」と言う弟への優しい語り口が素敵です。
注目は、色彩の中に生活が浮かび上がるところです。
大おじさんのかぶる赤い帽子には、選ばれたものという意味。
男の人が家を建て、女の人が壁に黒い汁で模様を描くなど、
生活の中に息づく色彩が興味深いです。
好きな色にそっと寄り添ってくれるお母さんの存在感も愛おしいです。
小学生くらいから、アフリカの文化を感じられると思います。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おとうとは青がすき

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら