ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
やぎのはかせのだいはつめい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やぎのはかせのだいはつめい

  • 絵本
作・絵: 槇 ひろし
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「やぎのはかせのだいはつめい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784834026405

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・32ページ

出版社からの紹介

ヤギの博士が5年8ヵ月と1週間かけて完成した発明とは? 
動物村の村人が見守る中で、長さが616歩もある巨大な機械が、
山奥からリフト・ロボットの運んできた巨木をのみこんでいきます。
機械の途中の最初の穴からは葉っぱが、次の穴からは丸太が、
次は板、繊維に積木、次々いろんな物が出てきますが、
博士のいちばん欲しかったのは、最後の小さな穴から出てきた……。

ベストレビュー

こんな機械あったら面白い!

やぎの博士が発明した機械が何とも、現実離れしていて面白い。
でも想像力豊かな子どもにとってはありえそうな機械なんだろうなー。機械に木を入れると、葉っぱが出てきたり、枝が出てきたり、板が出できたり、丸い板だったり、積み木だったり発想が面白い。また、それで色々な生活に役立てるもの作って話のもって行き方が上手い。最後に博士が1番欲しかったものは、つまようじなんて、しゃれていた。息子にうけていたので、男の子には面白い1冊かも知れません。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

槇 ひろしさんのその他の作品

そらとぶおうち / さかだちぎつね



第12回 『あったかいな』の片山健さん

やぎのはかせのだいはつめい

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット