宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おしょうとこぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしょうとこぞう

作: 大川 悦生
絵: 上條 滝子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1979年05月
ISBN: 9784591016688

2歳〜5歳
サイズ :22.5cm x 25cm ページ数 :36ページ

出版社からの紹介

けちんぼなおしょうさんは、もちをやくときでも、こぞうにはひとつもくれません。そこで、三人のこぞうたちは・・・。

ベストレビュー

おもしろい!

お話しの中に四季に沿っておはなしが続いていくのですが
最初のお話しは、「ぶす」や「一休さん」のように
美味ししものを独り占めする和尚vs小僧達のお話しで
まあ、聞いたことあるなぁ〜。と言った感じでしたが
その続きは実におもしろく、子どもたちが好きな
おならのネタのお話しもでてきて、家族で大笑いしました。
最後のお話しも、小僧達の賢さが効いていて最後まで
楽しみました。

ちょこっと、どちらかの方言が混じった絵本でしたが
読みづらいと言ったこともなく、挿絵もおもしろおかしい感じで
とんち話が好きなお子さんなら、
よろこんでくれる1冊ではないでしょうか?
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大川 悦生さんのその他の作品

ポプラ文庫 おかあさんの木 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / 日本むかし話(7) したきりすずめ / 日本むかし話(4) かさじぞう / 山のかあさんと16ぴきのねずみ / アオギリよ芽をだせ 被爆した広島の木

上條 滝子さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 こぶたのかくれんぼ / ひなたむらのしんまいおまわりさん / 森のネズミのたんけん隊 / 森のネズミとお月さま / 森のネズミの雪あそび / 森のネズミのゆうびんや



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

おしょうとこぞう

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット