十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
こども・こころ・ことば −子どもの本との20年−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こども・こころ・ことば −子どもの本との20年−

作: 松岡 享子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こども・こころ・ことば −子どもの本との20年−」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年12月
ISBN: 9784772190022

大人から
240ページ 小B6判

出版社からの紹介

長年子どもに接する中で、著者は子どもが前ほど本やお話を楽しまなくなり、“言葉の力”が弱まっていることに気付きます。言葉と心の関わりを考える本。

ベストレビュー

子どもを取り巻く環境について考えました

松岡享子さんの講演録「ことばの贈りもの」に掲載されていたので読みたくなりました。

「ことばの贈りもの」にも子どもの言葉が弱くなってきていること、同じ話をしても反応が鈍くなってきていることに触れていたのですが、それ以前から松岡さんが感じられていたことがわかりました。

東京子ども図書館が生まれるに至った経緯を興味深く思いました。

私が現在通う図書館は指定管理がされ、司書資格のある方はほとんどおらず、子どもの本の選書もあまりよくないのですが、ここに書かれている公立の図書館の意義を思いました。

良質の本が揃っている図書館があれば、子どもに良質な本を手にすることができ、結果として子どもの本の状況もよくなることを思いました。

子どもにだけ受ける本が人気のある本として君臨し、長く読み継がれてきた本が閉架書庫や廃棄本にされているとすれば、それは子どもの責任ではなく、子どもの本に関わるすべての大人のせいだと思います。

子どもの本について書かれている本は、子育てにも通じることが多く、改めて子どもの本、子どもを取り巻く環境について考えました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

こども・こころ・ことば −子どもの本との20年−

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット