話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
子どもの本は世界の架け橋

子どもの本は世界の架け橋

著: イェラ・レップマン
訳: 森本真実
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,200

「子どもの本は世界の架け橋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年09月
ISBN: 9784772190374

大人から
272ページ 口絵入り 19×14cm

出版社からの紹介

ミュンヘン国際児童図書館、国際児童図書評議会(IBBY)創設者の自伝的記録。子どもの本は精神の糧となり、世界の人々の心を結びつけるという信念をもち、大戦後の荒廃したドイツで奮闘する姿が描かれます。

ベストレビュー

戦後に子どもたちの夢をひろげた女性の自伝

国際アンデルセン賞という賞は知っていますが、国際児童図書評議会(IBBY)については無知だった私ですが、この本に登場するよく知っている絵本たちが、イェラ・レップマンによって、戦後の社会で子どもたちに夢と希望をあたえた事を知り、その功績の素晴らしさに感動しました。
ドイツ生まれのユダヤ人である彼女が、アメリカから派遣される形で降り立ったドイツの廃墟からこの本は始まります。
生まれた土地で、彼女がしたことは子どもたちに夢を与えること。
読み聞かせをする者にとって、絵本の歴史を知る上でとても参考になる図書だと思います。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 伝記 > 子どもの本は世界の架け橋

一生モノの金銭感覚をZ会の「99%シリーズ」で身につけよう

子どもの本は世界の架け橋

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット