ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ライオンとやぎ −アジア・太平洋の楽しいお話−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとやぎ −アジア・太平洋の楽しいお話−

訳: 駒田和
編: ユネスコ・アジア文化センター
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784772190442

6歳から
256ページ 17×13cm ソフトカバー

出版社からの紹介

アジアと太平洋の国々から昔話や創作童話29話を集めた子どものためのお話集。表題作の他、ふしぎなマンゴー、恩知らずな犬、のみのひっこし、おばあさんととら、など19カ国のお話を収録。

ベストレビュー

ぼくはふしぎなマンゴーさ

この本に紹介されている「ふしぎなマンゴー」を,
お話会で子供たちに紹介しました。
有名な「おだんごぱん」に似てて,
でもまったく違うエンディングのお話でした。

2・3歳さんには,難しい展開だったかなぁ。
絵本だったら,この子たちはどんな反応だったかなぁ…。
歌の部分は注目してもらえたんですけどね(^^;
年長さんには,ピッタリのお話だと思います♪

因みにマンゴーの木は,10メートル以上にも成長し,
たくさんたくさんの実を付けるそうです。
子供達の成長を願う気持ち,
同伴してくれたお母さん達の心に届いているといいなぁ〜。
(ととじたさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ユネスコ・アジア文化センターさんのその他の作品

どこにいるかわかる? −アジア・太平洋の子どもたちのたのしい一日−



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

ライオンとやぎ −アジア・太平洋の楽しいお話−

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット