もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ダンプえんちょうやっつけた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダンプえんちょうやっつけた

  • 絵本
作: ふるた たるひ たばた せいいち
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1978年04月
ISBN: 9784494006076

対象年齢 3歳から

5〜6歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

ひがしはまの町には、港と工場があります。
町の真ん中に、わらしこほいくえんがあります。
一番年上の子供の組が、くじらぐみで、9人の子ども達がいます。ダンプみたいにがっしりした園長は、皆に「ダンプえんちょう」と慕われていますが、男の子達はいつかダンプえんちょうをやっつけたいと思っていました。
ある日、ダンプえんちょうとくじらぐみの9人は、リヤカーに乗ってひなたやまへ行き、海賊ごっこをすることに。
ルールを決め、二組に分かれて、壮大な海賊ごっこが始まります・・・。

ダンプえんちょうやっつけた

出版社からの紹介

わらしこ保育園の園長は、ダンプみたいな男の人。子どもたちは海賊ごっこで園長を倒そうとします。

ベストレビュー

なにもかも・・・

なにもかもが当たり前で何もかもが新鮮だった。
みんなこんな風に伸びやかにゆるやかに子ども時代を満喫していた。
そして、我が子にもこんな風に・・・と思いながら子どもの環境を思う。

正直、登場する子どもたちに「昔の時代」を感じなかった。
私が今連日子どもを連れて遊びに行く場所の空気感が、絵本のなかにあったせいかもしれない。

この絵本の中で子どもたちは空想を膨らませ、自然を巻き込み遊んでいる。既成の遊具がなくても遊べる、子どもの力ってすごいよ〜そう思わずにはいられない。
だからこそ、園庭のない保育園とゆう環境が際立って感じる。

ダンプえんちょうのすごさはパワフルなだけではなくて、子どもたちがルールを決め、子どもたちが主体で遊びこんでいくのを誘導したり、強制したり、なにより邪魔しないこと。
一緒に遊ぶ。
遊びながら大人として、そっと見守っている。

子どもたちの海賊ごっこが、この絵本のほとんどをしめているように
子どもの一日は「思い切り遊びこむこと」「思い切り楽しむこと」で満たされることが理想のように思う。

さて今日も夕日が沈み寒くてお腹がすくまで、思い切り遊んできます!!

大切なことを再認識しました。
すっかり著者のお二人のファンです。
(ともさん。さん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふるた たるひさんのその他の作品

おしいれのぼうけん

たばた せいいちさんのその他の作品

ひ・み・つ / ピカピカ / おみせやさん / さっちゃんのまほうのて / ゆうちゃんのゆうは?



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

ダンプえんちょうやっつけた

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット