新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

へびのクリクター

へびのクリクター

  • 絵本
作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 中野 完二
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1974年03月
ISBN: 9784579400997

おはなし

 ルイーズ・ボドさんがブラジルに住む息子から贈られたお誕生日のプレゼントは、ボア・コンストリクターという毒の無いへびでした。クリクターと名づけられたへびは、本当の子供のように可愛がられ育ちます。ボドさんは先生なのでクリクターは一緒に学校へ行き、子供たちの間でも人気者になりました。ところが、ある日、ボドさんの家にどろぼうが入り、騒動が起こります……。

みどころ

 「へび」と聞いて後ずさりするなかれ。この絵本に登場するのは気の優しい、人気者のへびクリクター。これは、クリクターと飼い主ボドさんの穏やかな生活ぶりが程よく笑いを誘うユーモアたっぷりのお話です。膝にのせてミルクを飲ませたり、長い手編みのセーターを着せて一緒に散歩に出かけたり、普通では考えられないような光景は、この作者ならではの描写です。学校でのクリクターの活躍ぶりには、思わずなるほどとうなったり。どろぼう騒動で見せたクリクターの意外な一面にも注目です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

心やさしく賢いへび、クリクターが大活躍する、世界でもまれな、しかも世界中で愛されているウンゲラーの代表傑作。ナンセンス風ファンタジー。

ベストレビュー

温かいユーモア絵本

すてきな3にんぐみの作者の絵本とあって、どんなお話なのかなと思っていたのですが、ユーモアあふれる中に温かさもあり、とても楽しい絵本でした。

お母さんの誕生日にヘビをプレゼント。
そのユーモアから楽しいです。
そして、息子さんからのプレゼントのヘビをクリクターと名付け、まるで自分の子供のようにかわいがるボドさん。
人間の赤ちゃんみたいに横抱きでミルクを飲ませたり、長ーいセーターを編んであげたり。
こんなにも大切にされているクリクターは幸せだなぁと思うと同時に何だかくすっと笑ってしまうんですよね。
でも、ある日ボドさんのお家に泥棒が!
もちろん、クリクターの活躍で、無事でしたよ。
クリクターに、ボドさんの愛情が伝わっているのでしょうね。強い絆を感じました。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

トミー・ウンゲラーさんのその他の作品

こんな かお、できる? / はげたかのオーランドー / 4さいのこどもって、なにがすき? / どこへいったの?ぼくのくつ / どこにいるの?かたつむり / アデレード そらとぶカンガルーのおはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > へびのクリクター

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

へびのクリクター

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット