ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
セクター7
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セクター7

  • 絵本
作・絵: デイヴィッド・ウィーズナー
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784892387845


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、少年は課外授業でエンパイア・ステートビルを訪れた。展望台に上がった少年の前に現れたのは、小さな雪の子。その子に誘われて行ったところは……。ウィーズナーの絵本には彼の大好きな「空」がいつも描かれている。ウィーズナーは、この絵本のために視界ゼロの日を選んでエンパイア・ステートビルを訪れた。その日ビルの展望台に訪れていたのは彼一人だったという。

ベストレビュー

子供にも読んでもらいます

文字のない絵本です。

主人公は魚(海?)に興味のある男の子。
バスでクラスのみんなと先生と一緒に
エンパイア・ステートビルへ。
喜んで展望台に行きますが、くもっていて景色は見えません。
そこで出会ったのは雲の子供。
男の子が雲の子供に乗って行った先はSECTOR7。


空飛ぶSECTOR7はなさそうで、
ありそうな気分にさせられます。
説得力のある絵のせいか?自分で物語を想像するせいでしょうか?
繰り返し読むとお話が、少しずつ変わります。
絵を見ながら『あぁココは見つからないように急いでるんだな』とか
『このお姉さんだけは雲の意見も聞いてくれるんだな』とか
後から気がついたこともお話に盛り込んでいくからです。

数回私が読んだ後に5歳の息子にも読んでもらいました。
なかなか上手に読んでくれて、
雲が得意げに星のような形になっているページでは
「本当はこんな形もできるのにさっ」と
雲の気持ちを表してくれました。
読む子によって色々なお話が生まれる絵だけの絵本です。
絵は表情が分かりやすくて、リアクションも大きく楽しいです。

一番最後の子供部屋のページが私は好きです。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

デイヴィッド・ウィーズナーさんのその他の作品

ミスター ワッフル! / アートとマックス―ゴキゲンなゲイジュツ― / 漂流物 / おぞましいりゅう / 3びきのぶたたち / 大あらし



困っているぼくのところに本物の神様が!

セクター7

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット