1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
どんぐりのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐりのき

  • 絵本
作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どんぐりのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784569689029

幼年から
B5判変型上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

どんぐりの木は、どんぐりを食べたリスに「まずい」と言われ自信をなくしてしまいます。ところが、家を探しにきたリスと出会い……。

今年はじめて実をつけたどんぐりの木は、自慢のどんぐりを食べてもらうことを楽しみにしていました。ところが、どんぐりはまだ青かったため、一口食べたリスに「まずい」と言われてしまいます。そうとは知らず、どんぐりの木は自信をなくし、やがてどんぐりをつけなくなってしまったのです。

 数年がすぎたころ、1匹のリスがどんぐりの木に家を作ろうとやってきました。すると、どんぐりの木は「リスなんて嫌いだ」と、リスを穴から追い出してしまいます。それでも、このどんぐりの木を気に入っていたリスは、掃除をして、ペンキをぬって……せっせと素敵な家を完成させました。

 そんなある日、お客のリスたちが「この木はどんぐりをつけないし、つけてもまずいらしい」と言います。それを聞いたリスとどんぐりの木は……。

 長所も短所も、ありのままの姿を受け入れてくれるリスと出会い、どんぐりの木の心が変化していく様子を描いた心温まる絵本。

どんぐりのき

どんぐりのき

ベストレビュー

リスの優しさ

どんぐり拾いがブームの娘のために、この絵本を読んであげました。
読みながら何だか胸が締め付けられるような思いに。
いつの間にか自分が夢中になって読んでしまいました。

固く心を閉ざしたどんぐりの木に、リスはただ幸せそうに過ごす姿を見せるだけ。
でも無理に説得させようとしたり、怒ったりするよりも、どんぐりの木にとってはそれが何より心動かされることだったのですね。
最後のどんぐりの木の穏やかな表情に、安心すると共に、本当に心が温まりました。

リスが優しくどんぐりの木をなでているところでは、娘も一緒に優しくナデナデしていました。
大きくなっても、そうやって友達を優しく励ましてあげてね。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


亀岡 亜希子さんのその他の作品

さいこうのスパイス / あしたもきっとチョウ日和 / ネルとマリのたからもの / 村の小さな糸やさん / あきにであったおともだち / なつのやくそく



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

どんぐりのき

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.88

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット