あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ひとりぼっちのライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのライオン

作・絵: 長野 ひろかず
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ひとりぼっちのライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784893252951

23×21cm 32頁

出版社からの紹介

友達との結びつきに気づく絵本

友達がほしいライオンは、変装して動物たちに近づきますが、見慣れない姿に次々逃げられてしまいます。
翌日、変装も取れてがっかりしていると、ありのままの姿を見た動物たちがライオンのところへやってきました。
仲間や思いやりのテーマが、子どもたちの心にとどくお話です。
小学校副読本「にんげん・ひと」シリーズ(明治図書出版)に長年掲載されている作品です。

ベストレビュー

ありのままを受け入れられる人に

長く読み聞かせをされている方から紹介を受けて読んでみました。
出てくるライオンは、どうしても友達がほしくて、相手のまねをして近づきます。でも、相手はびっくりして逃げていく。ライオンの一生懸命な姿に、小さい子であれば「おもしろさ」や「おかしさ」を真っ先に感じるかもしれないけど、少し大きくなって、友達との付き合いに悩みをもっている子であれば、このライオンに心を近づけてしまうでしょう。
相手と同じことをしたり、同じ格好をしてみたり、そうして仲良くなれるときは、うれしい気持ちとこれでよかったのかなという気持ちと、複雑ですね。こう思うのは、子どもも大人も同じ。
だからこそ、この本のライオンがありのままの姿で相手に受け入れられたことに「よかったね!」と心から思えるのだと思います。

少し大きくなって、ライオンの気持ちがわかるだろう小学生にぜひ紹介したい一冊です。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子17歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

長野 ひろかずさんのその他の作品

おじぞうさまとこぶた / シーツうさぎ フウフウ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

ひとりぼっちのライオン

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット