ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
雷の落ちない村
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雷の落ちない村

作: 三橋節子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784097263289

A4変/40頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

琵琶湖のほとりに、くさまおという少年がいた。この村には、雷がよく落ちる。そこでくさまおは、雷の落ちない平和な村にしようと一計を案じる…。若くして逝った画家三橋節子が、いとし子に描き残した愛と勇気の絵本。
巻末エッセイ・梅原猛「三橋節子さんのこと」/三橋節子年譜付


ベストレビュー

作者の思いが込められています

琵琶湖のほとりに、雷がよく落ちる小さな村がありました。
この村一番のいたずら小僧の「くさまお」がこの絵本の主人公。

「よっしゃ、おれが かみなりさんをやっつけたる」と思い立った
くさまおが、いろいろと考えます。

琵琶湖の主の大ナマズ、雷獣(らいじゅう)というかみなりの手下の存在、
想像の世界の生き物たちがリアルに登場し、わくわくさせられます。
くさまおの勇敢な姿が、とても印象的な一冊です。

私はこの絵本の作者のことをこの絵本に出会うまで知らなかったのですが、
ガンのために若くして亡くなられたようです。
巻末に作者のご主人が書いた、この絵本が出来るまでの記述があるのですが、
ここを読んでから再度、絵本を読むことをお勧めします。
最初読んだ時とはまた違う角度で、絵本を楽しめると思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

雷の落ちない村

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット