しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
みどりの船
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みどりの船

  • 絵本
作・絵: クェンティン・ブレイク
訳: 千葉 茂樹
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784251005250

対象: 6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お屋敷の庭で、植木を刈りこんだ「船」をみつけたぼくたちが、さっそく乗船してみると……。少年の日の夏の輝きを描いた大型絵本。

ベストレビュー

空想の世界で遊ぶためには…

 空想の世界で遊ぶためには、遊んでいる自分を見つめるもう一人の自分の存在を無視しなければ、夢中になれません。
 幼い子どもでも、なかなか恥ずかしがってできない子もいます。
 大人でも、どっぷり浸かれるトリティーガさんのような人も入るんですね。
 主人公姉弟のジャングル探検が、世界航行へとお話しが飛躍していくプロセスが楽しい。
 
 この姉弟が発見した緑の船は、トリティーガさんの意図した作品のようです。
 機関室に見立てた、太い木の切り株の上の小屋の中を見ると、ご主人(船長さん)の写真や望遠鏡。
 きっとご主人は、船を愛し乗った方だったのかも。
 そのご主人の好きな船を庭に作るトリティーガさんのしゃれっ気。
 ご主人を愛していたのでしょうね。

 この庭で、庭師(水夫長)を含め4人で旅した数日間は皆にとって幸せな時間であったと想います。
 こんな時間を幼い頃に持てるこどもたちは、この姉弟のように忘れることがないと思います。

 近所のこどもたちに遊んでもらう私ですが、小学生とは野球(近所で“ノックのおばさん”と呼ばれています)、園児さんたちとは絵本や折り紙。
 どうしても、既存の道具やおもちゃを使っての遊びになりがちです。
 今年の夏は、レジャーシートの飛行機で旅でも計画してみようかと思います。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クェンティン・ブレイクさんのその他の作品

ブーツをはいたキティのおはなし / ドレスを着た男子 / マグノリアおじさん / チョコレート工場のひみつ / 「ダ」ったらダールだ! / 一年中わくわくしてた

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みどりの船

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット