新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
まっくら、奇妙にしずか

まっくら、奇妙にしずか

  • 絵本
作・絵: アイナール・トゥルコウスキィ
訳: 鈴木 仁子
出版社: 河出書房新社

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784309270296

ブラティスラヴァ世界絵本原画展2007年グランプリ

出版社からの紹介

いつの話なのか、どこの話なのか。いつかどこかで起こりそうな、雲をつかむような話。不思議な男は、きょうもどこかで漁りをつづけている――ブラティスラヴァ世界絵本原画展2007年グランプリ受賞作の素晴らしい絵本。

ベストレビュー

シャープペンシルだけで描かれた圧倒的な世界観

古本屋を探し回ってようやく見つけた1冊です。

人間の行き過ぎた欲望が、世界の終末を近づけるというストーリー、
子ども向けの絵本というよりは、大人に対するメッセージ性の強いものです。

3年間かけて400本の芯を消費してシャープペンシルだけで描かれた
という緻密な絵が、著者独特の世界観を示しています。

細かく描かれた機械の一つ一つをずっと見ていても、飽きない面白さがあります。

「まっくら、奇妙にしずか」という印象的なタイトルどおり、
物語が終わるときの静けさはとても恐ろしいものがあります。

未来のできごとなのか、古代のできごとなのか、それとも私たちがいる世界とは
まったく異なる世界でのできごとなのか。
「奇妙」ということばが妙にしっくりくる絵と、真っ黒に塗られた背景、
少し立ち入るのがためらわれる人間の内奥の暗さに迫るような世界観は、
同時に強い想像力を掻き立てられます。

ただ、こうした耽美的な世界は、やはり大人向けなのかなとも思います。
とりあえず本棚に入れておき、いつか子どもが手に取るのを待ちます。
(lazy_planetさん 30代・パパ 女の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

まっくら、奇妙にしずか

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら