こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
かやかやうま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かやかやうま

作・絵: 梶山 俊夫
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「かやかやうま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

七夕祭りって、実は別の意味のお祭り

「日本のお祭り絵本」というシリーズの1冊らしいです。
どうもこの作品は日本伝統の芸術を伝え残すために生まれたものらしく、1978年初版。とありますが、増刷された様子もなく、図書館で監査くして出してもらった時も「書庫」保存状態になっていました。

とても素晴らしい絵本だと、大人は思いますが、うちの子の言い分も聞いてみると、「なんだかよくわからない」そうで、
芸術性に富んだ作品、おまけに訛りがバリバリに出てくる作品というのは、子ども達に受け入れにくい面もあるようです。

用はちょっと変わった地方独特の七夕を紹介したものです。
すっぼい訛りで語られていましたが、場所的には今の千葉県あたりに戦前くらいまで残っていたお祭りだそうです。
「馬にお供え物を載せて精霊供養に充てる」行事って、こうしてみると七夕というより、お盆のお祭りみたいですよね。

そもそも七夕祭りって、日本人の感覚では
「離れ離れになった恋人同士が、天上で年に一回会える日のお祝い。地上のわたし達もそれに便乗して、何か一つ願い事を叶えてください」という他力本願名お祭ですよね。
実はお盆祭りや道祖神祭りと、七夕祭りがくっついちゃっところもあったんでしょうね〜。
こういうのって、調べてみたらハマりそうです。
気になる方は図書館で検索してみてください。
あまりお子さん向けではありませんが、梶山さんのイラストが面白いので一見の価値あります。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

かやかやうま

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット