話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

かやかやうま

かやかやうま

作・絵: 梶山 俊夫
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1978年06月
ISBN: 9784494024056

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

七夕祭りって、実は別の意味のお祭り

「日本のお祭り絵本」というシリーズの1冊らしいです。
どうもこの作品は日本伝統の芸術を伝え残すために生まれたものらしく、1978年初版。とありますが、増刷された様子もなく、図書館で監査くして出してもらった時も「書庫」保存状態になっていました。

とても素晴らしい絵本だと、大人は思いますが、うちの子の言い分も聞いてみると、「なんだかよくわからない」そうで、
芸術性に富んだ作品、おまけに訛りがバリバリに出てくる作品というのは、子ども達に受け入れにくい面もあるようです。

用はちょっと変わった地方独特の七夕を紹介したものです。
すっぼい訛りで語られていましたが、場所的には今の千葉県あたりに戦前くらいまで残っていたお祭りだそうです。
「馬にお供え物を載せて精霊供養に充てる」行事って、こうしてみると七夕というより、お盆のお祭りみたいですよね。

そもそも七夕祭りって、日本人の感覚では
「離れ離れになった恋人同士が、天上で年に一回会える日のお祝い。地上のわたし達もそれに便乗して、何か一つ願い事を叶えてください」という他力本願名お祭ですよね。
実はお盆祭りや道祖神祭りと、七夕祭りがくっついちゃっところもあったんでしょうね〜。
こういうのって、調べてみたらハマりそうです。
気になる方は図書館で検索してみてください。
あまりお子さん向けではありませんが、梶山さんのイラストが面白いので一見の価値あります。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

梶山 俊夫さんのその他の作品

かえるのごほうび 絵巻「鳥獣人物戯画」より / わらしべちょうじゃ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / 千本松原 / におい山脈 / さるとびっき


絵本ナビホーム > > かやかやうま

一生モノの金銭感覚をZ会の「99%シリーズ」で身につけよう

かやかやうま

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット