雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
るるるるる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

るるるるる

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1991年5月
ISBN: 9784032045604

対象年齢 3・4歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

飛行機のエンジン音を「る」の音で表わし、大空のゆうゆうたる飛行から、思いがけない雲や飛行機群との遭遇をユーモアで描きます。

ベストレビュー

る:たくさん、り:少々、ぐ:一つ

色鮮やかな飛行機が、空を飛行中。
なるほど、そのエンジン音が「るるるるる」という訳ですね。
映画のようなズームアップの画面が、雰囲気たっぷりです。
ところが、雲に突入したり、不思議な光景に遭遇したり。
「る」だけではすまなくなってくるのです。
特に擬人化しているわけではないのに、なんだか表情まで感じられます。
唯一登場する「ぐ」が味わい深いです。
読む時、、テンポ、声の大きさ、間の取り方など、思案しそうですが、
これはその場の感性に任せた方がいいかもしれません。
聞き手と読み手のコラボ、といったところでしょうか。
ラストへはスリリングな展開。
いろいろな解釈ができそうです。
でも、なんだか前向きで、嬉しくなりました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子14歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / なんでもできる!? / いそいでおでかけ / げんきにおでかけ / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

るるるるる

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット