ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
葉っぱをまく虫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

葉っぱをまく虫

文・写真: 海野 和男
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月12日
ISBN: 9784406032179

小学校中学年〜小学校高学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

葉っぱを巻いて卵のゆりかごをつくる虫を知っていますか。初夏、平安時代の「落とし文」そっくりに巻かれた葉っぱが落ちているクリ林に、葉を巻く虫、オトシブミを追います。そこには昆虫写真の第一人者もびっくりの秘密が…。体長わずか1pの小さな虫が秘める自然の奥深さ! 小学校中学年からの写真絵本です。

ベストレビュー

オトシブミの落とし文

帰省中に行った図書館で、私がたまたま「オトシブミ」の絵本を手に取り、
なんか風流な虫だわ〜と気になっていたのですが、先日娘と読んだ
「ムッシーげきじょう」の中にもオトシブミが出てきたので、
オトシブミの絵本を探して読んでみました。

オトシブミが落とす「落とし文」の正体は、卵を葉っぱでくるんだもの。
観察している海野さんが、この「落とし文」こと揺籃(ようらん)を
開いてみた写真があります。
かなりしっかり巻いてあって、なかなかほどけなかったこと、同じように
巻こうとしても巻けなかったことが書いてありました。
自分の体よりも大きな揺籃をどのように作っているか、細かく写真を載せて
わかりやすく解説してあります。

葉の選び方、巻き方、巻くためのコツ。
卵を産み付ける瞬間。
そして揺籃の中で、卵から幼虫、さらにさなぎに変わる様子。
オトシブミについて知りたいことが、全て載っていると言っても
過言ではないでしょう。

それでも、まだわかっていない部分も多く、推測や仮定も多いのが、
虫の世界の不思議なところ。
説明が少し難しく感じることもあるので、小学生以上にオススメです。
(ねがいさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

海野 和男さんのその他の作品

はっけんずかん むし 新版 / 世界のカマキリ観察図鑑 / 四季をみよう / 冬をたのしむ / 秋をみつけた / 夏をあそぼう



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

葉っぱをまく虫

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット