ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
そらいろの童話集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらいろの童話集

作: アンドリュー・ラング
訳: 川端 康成 野上 彰
編: 川端 康成 野上 彰
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784035510802

小学中級から
324ページ/判型:B6判

出版社からの紹介

民俗学者で編集者のラングが、世界各地のむかし話を集めました。「七人のシモン」(ハンガリア)「石屋」(日本)など、14編を収録。

ベストレビュー

「石屋」は本当に日本の昔話なの?

全集の3巻は「竜がいっぱい・冒険がいっぱい」という作品を集めたもののようです。
「七人のシモン(ハンガリア)」「ひみつをまもったこども(ハンガリア)」「小さな野ばら(ルーマニア)」「かえるとライオンの妖精(フランス)」「石屋(日本)」「小屋のねこ(アイスランド)」「アブノワとおかみさん(チュニス)」「魔法使いのおくりもの「フィンランド」」「ひつじかいのポール(ハンガリア)」「こじきの子どもときつね(シシリー)」「ラッキーラック(ハンガリア)」「王子と竜(セルビア)」「白いしか(フランス)」
が載っています。タイトルは違いますが、大半がほかの国の昔話として、結構有名どころ出来たことのあるものが多かったです。
例えば『こじきの子どもときつね』は『長靴をはいた猫』とストーリーがよく似ていますし、
『ラッキーラック』はグリムの昔話『忠臣ヨハネス』にそっくりでした。
ひとつ気になったのは日本の昔話ということで編纂されている「石屋」という物語ですが、
これは本当に日本のお話だったのでしょうか、世界観がマリ日本っぽくありません。中国のどこかの国の昔話を日本のものと間違えてまとめられたんじゃないかな〜という気がします。

それぞれはとても面白く興味深いベ王権ファンタジーが多数入っているので、ファンタジー系のお話が好きな人や、今まで聞いたことのある話ではない別の昔話(物語)が気になるという人は、ぜひ一度読んでみてください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドリュー・ラングさんのその他の作品

岩波少年文庫 りこうすぎた王子 / 偕成社文庫 改訂版・みずいろの童話集 ラング世界童話全集(9) / 偕成社文庫 改訂版・むらさきいろの童話集 ラング世界童話全集(10) / 偕成社文庫 改訂版・あかいろの童話集 ラング世界童話全集(8) / 偕成社文庫 改訂版・ねずみいろの童話集 ラング世界童話全集(7) / 偕成社文庫 改訂版・ちゃいろの童話集 ラング世界童話全集(6)

川端 康成さんのその他の作品

伊豆の踊子・泣虫小僧

野上 彰 さんのその他の作品

偕成社文庫 改訂版・くさいろの童話集 ラング世界童話全集(5) / 偕成社文庫 改訂版・きいろの童話集 ラング世界童話全集(4)



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

そらいろの童話集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット