もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ぼくの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの島

作・絵: バーバラ・クーニー
訳: 掛川 恭子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ぼくの島」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年03月
ISBN: 9784593502400

21cm×26cm 32P

出版社からの紹介

ニューイングランドの島に移った一家の末っ子マサイス。彼の成長を島の風物とともに描き、その人生をやさしく見つめます。移りゆく世の中と変わらない人の営みを、なつかしい描出法でしあげています。

ベストレビュー

あまり有名ではないようですが、すごく素敵

ものすごく感動しました。絵本を読み終えたとき、すごく長い映画でも見せてもらった気分でした。
なのに!ナビの感想を書いている方は私の前に2人だけ!?
少ないです。認知度が低いのでしょうか?
私自身、最近クーニーの絵本にハマったので、人さまのことはいえませんが、こんな素晴らしい絵本が、あまり知られていない(?)のは悲しいです。
しかも私が読んだのは図書館で探してきたものでしたが、それは「書庫」に入っていたもので、私の前に借りた人の記録は1999年8月でした!うちの町でも10年以上誰も読んでない絵本、つらい、つらすぎます。
これから高学年を中心にブックトークしていきたいと思います!!

お話自体は、ある島に生まれ、成人してからその島に戻り、一生をその詩まで送った1人の男の人の一生を描いたものですが、
これが、しっとり描かれていて、とても心にじ〜んときました。

どちらかというと、これからの未来がある子どもたちより、
ある程度、人生を送ってきた大人の人が読んだ方が感動しそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーバラ・クーニーさんのその他の作品

クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ / ちいさな曲芸師 バーナビー

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

ぼくの島

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット