もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
スイカのすい子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スイカのすい子

作: 奥原弘美
出版社: 毎日新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,143 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

母さんが、スイカを産んだ。すい子と名付けられ、退院するとすぐに、そこら中を転がり始めた。ぼくは、毎日追いかけて町中を走り回った。そして、夏休み最後の日…。第22回「小さな童話」大賞受賞作品。

ベストレビュー

衝撃すぎる展開で超絶オススメ!!!

表紙の子供がすい子かと思ったら、スイカのほうがすい子でした。

ある日、妊婦のママから生まれたのはスイカ!えっ、スイカ!?ありえない!と思うお兄ちゃん。ママは「おっぱいもあげなくていいし、おむつ変えなくていいし、楽〜」と浮かれていますがびっくり。スイ子は育ってあちこち走り回ります。でもある日、パカッと割れてしまいます。そして、スイ子の種を庭に埋めたらたくさんの「孫」が実ります。そして走る日を待っているのですって、、、。

割れたときに読者も「えー!!!」と衝撃を受けます。それで、スイ子を食べるのかな?と思ったらそうでもないらしい。でもスイカを孫としてみてしまうと食べられませんね、、、。数十個の孫?が実ると誰が走るところを面倒みるのか気になります。

お兄ちゃんの友達の親戚にメロンもいるらしいのですが、困惑してしまうけど笑ってしまう絵本でした。

個人的にはグラウンドを走るときに野球している子にスイカ割りをされてしまうのでは?とどきどきしました。

とにかくオススメ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

スイカのすい子

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット