新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
パパがやいたアップルパイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパがやいたアップルパイ

  • 絵本
作: ローラ・トンプソン
絵: ジョナサン・ビーン
訳: 谷川 俊太郎
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784593505005

2・3歳以上
サイズ:228×228
ページ数:40ページ

出版社からの紹介

これはあかくておいしいりんごです
りんごはパパがやいた
あまくてあつあつアップルパイになりました
さて、だれのためのアップルパイでしょう?
あめもたいようもちきゅうもぜんぶ、このアップルパイにつまってる! ひとつのアップルパイが世界につながる、つみあげうたの絵本です。

ベストレビュー

つみあげうたの絵本

最初の但し書につみあげうたの絵本とありました。
つみあげうたとは、文章に後から文をどんどんと継ぎ足していく言葉遊びのこと。
確かに、どんどん、次から次へと、最初の
「パパが焼いた甘くて熱いアップルパイです」
という文章に、修飾語が追加されていきます。

その修飾語は、アップルパイを作るのには、地球の自然の恵みが必要ですというとこまで行き着くのですから、なかなか壮大なお話です。

良くある英文のように韻を踏んでいるのではないかと思うと、英文も見てみたいものです。
つみあげうたは、英語であれば、修飾語が後ろに来るのでその修飾関係が分かりやすいもので、日本語ではなかなか難しいところ。
そこは流石に、谷川俊太郎さんが上手く邦訳しているのでしょう。

ジョナサン・ビーンの絵は、1950年代の古き良き時代を彷彿させるもの。
この本のイラストは、バージニア・リー・バートンやワンダ・ガアグの影響を受けていると書かれていましたが、納得できるものだと思います。

古いテイストの絵本ですが、それが心に染み入る作品で、自然を考えるに適したもの。
お子さんとの会話にも結びつくものだと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・トンプソンさんのその他の作品

しろくまくんのながいよる

ジョナサン・ビーンさんのその他の作品

よぞらをみあげて

谷川 俊太郎さんのその他の作品

 / ベージュ / にじいろのさかな おふろポスターつき プレゼントボックス / 大事なことはみーんな猫に教わった / コートニー[新版] / ねんころりん[新版]


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > パパがやいたアップルパイ

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

パパがやいたアップルパイ

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.39

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット