だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
りんごのなかのビリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごのなかのビリー

  • 絵本
作・絵: ひだ きょうこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「りんごのなかのビリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784251009616

判型:A4変型判/サイズ:29cm/ページ数:32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ビリーの新聞は、皆を楽しい気持ちにする素敵な新聞です。ところが、その新聞が悪だくみ中の魔女に… 空想する楽しさをかいた絵本。

ベストレビュー

空想するいもむし

主人公はリンゴの中に住んでいるようです。
え?
そう、それはいもむし。
でも大丈夫。
ほら、愛嬌のある造形なので、きっと親しみがわきますよ。
ビリーは愉快な空想が大好きなのですね。
登場する例はどれもへんてこりん。
でも、その独創性がいいです。
ふくろうのジジットさんの助言で、新聞を三枚作って空に飛ばしたのですが、
それぞれが絶妙な着地をしたのです。
そう、愉快な空想が、本物になってしまうくらいの展開です。
もちろん、フィナーレは読者に。
愉快な空想、真似してみませんか?
少しひねりのある展開なので、小学生くらいからでしょうか。
(レイラさん 40代・ママ 男の子22歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

ひだ きょうこさんのその他の作品

ほしうさぎとサーカスだん / えんそく ごいっしょに / ゴロゴロドーンかみなりさまおっこちた / むしゃむしゃかいじゅう / おひげやチョボチッチ / ミレドーさんちのこびとたち



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

りんごのなかのビリー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット