宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
みけねこキャラコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みけねこキャラコ

作・絵: どい かや
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みけねこキャラコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年11月
ISBN: 9784032049503

3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みけねこだけど茶色の毛が少しあるだけで、みけねこに見えないキャラコは、色紙や絵の具で茶色をつけるのですが、うまくいきません。

ベストレビュー

ありのままの自分を受け入れる

雌の三毛猫、キャラコにはコンプレックスがあるのです。
三毛猫は白、黒、茶の3色があるのに、
キャラコの茶色の部分は小さくてしかも目立たない所にあるのです。
他の三毛猫のように、茶色の部分を目立たそうとするのですが、
ことごとく失敗。
キャラコの必死さが伝わってきます。
でも、そんなキャラコを救ったのは、年配の黒猫。
前向きになったキャラコは、自然と褒められる存在になっていきます。
とにかくおしゃれな絵がキュートで、女の子にはたまらないですね。
おはなし自体は確かに小さい子向けですが、
案外思春期で自己嫌悪になりがちなティーンエイジャーにも良さそうです。
年配の黒猫の存在感がいいですね。
親として見習いたいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子15歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

どい かやさんのその他の作品

手ぶくろを買いに / 服を10年買わないって決めてみました 〜買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ〜 / ハンカチやさんのチーフさん / たまちゃんとあかちゃん / アイヌのむかしばなし ひまなこなべ / くりちゃんとエーメさんのトマト



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みけねこキャラコ

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット