おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
星と月の生まれた夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星と月の生まれた夜

作: D・グチレッツ
絵: M・F・オリベル
訳: 山本 厚子
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「星と月の生まれた夜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

夜のきらいな男がいました。夜はすべてのものを黒くおおってしまうからです。ある時、高い山に登り暗やみの空に指をつきさすと――。ベネズエラに伝わるお話が楽しい絵本になりました。

ベストレビュー

夜空に光を

夜は仕事を終えて眠る時間。
だけど、闇夜の暗さはつらいばかりです。
ベネズエラの民話だというこの話、ひとりの男が月と星を作ったのだというお話は、夢があってなんだかホッとできるお話です。
でも、だんだん空に星が少なくなってくる街では、次の話が必要かもしれません。
星が顔を出せる闇が必要だと。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

星と月の生まれた夜

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット