おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
火
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

作: 関根秀樹
絵: 狼 林
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥667 +税

「火」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月

小学3年生から
たくさんのふしぎ 2008年9月号

出版社からの紹介

火と人類とのつきあいは長い。火は人類に明りと暖をもたらし、猛獣から守ってくれた。やがて火は、陶器や金属加工の技術をはじめ、様々な技術をもたらし、人類は文明と科学を発展させることができた。こうして文明が発達した今、直接火を見ることは少なくなった。でも、技術が進んでも、火そのものは太古の昔とまったく変わっていない。さあ、火を起こし、火を見つめてみよう!

ベストレビュー

火はこうしてうまれる。

ろうそくの炎と、ガスコンロの炎、キャンプファイアーの火は
同じように燃えてるのに、どうして色が違うの?
息子の疑問はいつも突然やってくるので、質問に答えるのに
親である私たちもむかしの教科書を引っ張り出して
お勉強することも多く・・・
ゴールデンウィークや夏休みにちょっとしたキャンプをしたときに
またまた、「火はむかしから会ったんだよ〜」と、なにかの番組で
見たのかな?突然言いだし、「どうやったらライターとか使わないで
火をつくるんだろ〜」まで発展し、その時には
かいつまんで説明したのですが、先日図書館に行ったときに
息子が見付けたらしく、目を輝かせて持ち帰ってきました。

そこのは、現代風のキャンプでの薪の付け方から始まり、
古代、人類はどうやって火を作り出してたのか?と言うことが
とても丁寧な挿絵と説明で綴られていました。
それから、火にまつわるお話しも添えられており
私もへぇ〜なところもあって、と手も勉強になりました。
これから冬になれば、私の祖父母宅では火鉢を毎年出してるので
その事を思い出した息子は、「この本の様に火種を作って
炭に火をつけたいね〜」と話していました。
息子にも火についてたくさん学ぶことができたようで、
ますますいろんな事へ興味を持ったようです。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

関根秀樹さんのその他の作品

サバイバル!無人島で大冒険



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット