貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
いっしょにいたらたのしいね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっしょにいたらたのしいね

作: パズ・ロディロ
絵: ジョゼフ・ウィルコン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年11月
ISBN: 9784566003521

31.5X22.2cm/28ページ

出版社からの紹介

美しい森で、一羽のコトリが楽しくくらしていた。しずかな川で、一匹のサカナが楽しくくらしていた。ある日コトリとサカナはであい、ともだちになった。おたがいに自分のすむ世界のすばらしさをつたえる。そして…。かがやく金色をふんだんに使った豪華絵本。

ベストレビュー

どこか日本画のような美しい絵です

図書館で見かけて、絵の美しさに惹かれて借りました。

初めて見る絵本を「これ読もう」と言って私が開くと、嫌がって、いつも読んでいるお気に入りの絵本を持ってきて「こっち読む!」という息子。そういういつもの最初の反応が分かっていたので、さりげなく私一人で眺めてから、他の本と一緒に置いておきました。

すると、後から一人でそうっと開いていました。そして、絵の中のコトリとサカナをそうっと触っていました。

漢字も使ってあって、2歳の息子にはまだ早いかもしれません。しかし、話の内容は複雑ではなく、お互い友達のいなかったコトリとサカナが出会って友達になり、互いの世界を見たくなった両者が、魔法の力を借りて友達を訪ねるのだけど、行き違いになるというもの。肝心の友達のいないその世界は、聞いていたほど楽しい場所ではなかったけれど、最後は無事に再会し、二人で一緒に旅にでることにします。きっとこれからは二人一緒で楽しめるのだな、と想像して終わります。

派手さはないけれど、すうっと引き寄せられるような静かな絵です。絵本にはめずらしく金色が使ってあるのですが、嫌みな感じはなく、屏風絵のような印象もあります。それを目一杯活かす大型の作りも良いと思います。

息子は話はあまり聞いていませんでしたが、とにかく絵をじっと見つめていました。

「友達っていいね」というような教訓というかメッセージを与える絵本は、あまり私の趣味ではないのですが、この本の場合は、子供に媚びない本物の絵が、かなりのプラスポイントとなりました。非日常の世界にいつの間にか引き込まれてしまいます。

大きさと金色の印刷のためか、少し高価ですが、購入しようと思っています。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ジョゼフ・ウィルコンさんのその他の作品

金のひかりがくれたもの

久山 太市さんのその他の作品

改訂新版 グラファロの おじょうちゃん / 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? / 改訂新版 まじょとねこどん ほうきでゆくよ  / はじめはタマゴ / ニャゴマロのコンテスト もっともうつくしいでしょう / ニャゴマロくんとチイヒゲちゃん



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

いっしょにいたらたのしいね

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット