新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

金のひかりがくれたもの

金のひかりがくれたもの

作: ピョートル・ウィルコン
絵: ジョゼフ・ウィルコン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「金のひかりがくれたもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784566003774

31.5X22.5cm/28ページ

出版社からの紹介

いだいな魔法使いコルネリウスは、オタカ王の城の客人となった。王は魔法使いに、玉座や丸屋根を黄金に変えるよう命じる。そして城のすべてを金に変えるまで、魔法使いを閉じこめようとしたが…。金色の輝きにゆらめく、美しく豪華な絵本。

ベストレビュー

一番大切なものは・・

幻想的な絵に惹かれたのか、題名に惹かれたのか、長男が図書館で自分で選びました。
王様のところに、何でも金色に変えてくれる魔法使いがやってくることで起こる騒動のお話です。何でも金に変えられると聞くと、権力者ならいてもたってもいられなくなるのかもしれません。
ちょうど私が歴史小説を読んでるので、秀吉の金の茶室のようだなあと思いながら途中の場面を読みました。

逃げ出した魔法使いが、再び訪ねてくるラストが良かったです。
人間にとって一番大事なものが何か、教えてくれてるような気がしました。
金のひかりが大切なことをこの王様一家にもたらしたのですね。

外国のお話ですと、翻訳された日本語が不自然で気になることがありますが、
このお話は、すんなりとストーリーに入り込みながら読めました。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > 金のひかりがくれたもの

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

金のひかりがくれたもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット