もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
金のひかりがくれたもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金のひかりがくれたもの

作: ピョートル・ウィルコン
絵: ジョゼフ・ウィルコン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784566003774

31.5X22.5cm/28ページ

出版社からの紹介

いだいな魔法使いコルネリウスは、オタカ王の城の客人となった。王は魔法使いに、玉座や丸屋根を黄金に変えるよう命じる。そして城のすべてを金に変えるまで、魔法使いを閉じこめようとしたが…。金色の輝きにゆらめく、美しく豪華な絵本。

ベストレビュー

一番大切なものは・・

幻想的な絵に惹かれたのか、題名に惹かれたのか、長男が図書館で自分で選びました。
王様のところに、何でも金色に変えてくれる魔法使いがやってくることで起こる騒動のお話です。何でも金に変えられると聞くと、権力者ならいてもたってもいられなくなるのかもしれません。
ちょうど私が歴史小説を読んでるので、秀吉の金の茶室のようだなあと思いながら途中の場面を読みました。

逃げ出した魔法使いが、再び訪ねてくるラストが良かったです。
人間にとって一番大事なものが何か、教えてくれてるような気がしました。
金のひかりが大切なことをこの王様一家にもたらしたのですね。

外国のお話ですと、翻訳された日本語が不自然で気になることがありますが、
このお話は、すんなりとストーリーに入り込みながら読めました。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピョートル・ウィルコンさんのその他の作品

どうぶつえんからにげだそう! / すきすきだいすき / あたらしいぼうけん / くろねこのかぞく

ジョゼフ・ウィルコンさんのその他の作品

いっしょにいたらたのしいね

久山 太市さんのその他の作品

はじめはタマゴ / ニャゴマロのコンテスト もっともうつくしいでしょう / ニャゴマロくんとチイヒゲちゃん / ゴリオとヒメちゃん / ネコのニャゴマローあいの ものがたりー / グラファロのおじょうちゃん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

金のひかりがくれたもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット