新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ぼくの、ぼくの、ぼくのー!

ぼくの、ぼくの、ぼくのー!

作: マイク・リース
絵: デヴィッド・キャトロウ
訳: ふしみみさを
出版社: ポプラ社

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784591104705

出版社のおすすめ年齢:2・3・4歳〜
サイズ :26.5cm x 26cm ページ数 :32ページ

出版社からの紹介

エドワードはおもちゃを貸すのが大嫌い。かわいい妹のクレアにだって、ぜったいに貸しません。ところがママがおやつを持ってきてくれて・・・。

ベストレビュー

こんなお顔になっちゃうのは嫌だぁ〜!

2歳児クラスの子どもたちと読みました。
エドワードみたいに玩具や絵本をいくつも抱えて独り占め、お友達が「1つ貸して」と言っても「ぼくの、ぼくの、ぼくのー!」
私たちが「○○ちゃんも貸して欲しいんだって」と代弁したり、「後でねって言えるとかっこいいなぁ」とお話ししても「...」と無言で隅っこに隠れちゃう子がいます。
悩める日々の中、偶然図書館でこの作品を見つけました。エドワードの顔がメッチャ怖い!けど、期待を込めて借りました。
「クレア、可哀想」「意地悪だね」「○○はそんなことしないよ」なんて会話も出ていたのですが、あの怖い顔のシーンでは皆無言、読み終わる頃には背筋ピーンの子どもたちでした。
翌日、いつものように玩具で遊んでいた時「○○ちゃんの、○○ちゃんのー!」と声が...。
「あぁぁ、○○ちゃんお顔がエドワードになってきちゃってるよ」と例のページを開いて○○ちゃんに見せました。他の子も手を止めて〇〇ちゃんを見ています。
すると、「はい、どうぞ」と抱えた玩具の1つをお友達に渡したじゃありませんか。「わぁ、カッコイイ○○ちゃん。あっ、お顔も戻ったよ!」に皆拍手喝采でした。
今はまだエドワードになっちゃうって本気で信じてる子どもたちですが、独り占めはいけないんだってことも気付いているんです。そういう葛藤を乗り越える力が育ってほしいなと願いながら、この作品を読んでいます。
(こっこっこさん 30代・せんせい )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,100円
770円
990円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
2,750円
495円
880円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ぼくの、ぼくの、ぼくのー!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら