十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
てっぺんいすの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てっぺんいすの木

作: 山本 斐子
絵: 吉本宗
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,262 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年06月
ISBN: 9784566005037

29.1X20.4cm/32ページ

出版社からの紹介

てっぺんがとても具合のいいイスになる、一本のりんごの木。祖父が作ったりんご園で育った父、そしてぼく。りんごの木の心温まるなつかしい思い出。

ベストレビュー

あの木がなかったら

あの木がなかったら、僕は生まれなかったかも知れない。
ふとそんなことを感じました。
おじいちゃんが何十年も前に始めたリンゴ畑で、お父さんが気に入っていたてっぺんいすの木。
お父さんはその木とともに育ち、恋もしたけれど、その木を残し、都会に出て町で働き始めました。
おじいさんがリンゴの木を植え直した時に、一本切ることができなかったてっぺんいすの木。
お父さんが都会の仕事を辞めて、おじいさんの仕事を継ぐことになったのも、てっぺんいす木にのぼり、見渡した懐かしいふるさとの風景があったから。
てっぺんの木があったから、お父さんは故郷に戻り、お母さんと結婚したから僕がいる。
そう考えると、てっぺんいすの木は、僕の神様かもしれない。

勝手に考えてしまいましたが、私のルーツも、父母がいるから。
父母の出会いを考えていくと、なんだか甘酸っぱい気持ちになります。
自分が育ったのではないけれど、父母の故郷は自分の原風景のようです。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉本宗さんのその他の作品

切り株ものがたり / ブルちゃんをさがせ / 紙芝居 めだらけ  / さむがりおばさんとクロ



お気に入りのくだものはどれ?

てっぺんいすの木

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット