雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
いろいろへんないろのはじまり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いろいろへんないろのはじまり

  • 絵本
作・絵: アーノルド・ローベル
訳: まきたまつこ
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いろいろへんないろのはじまり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1977年
ISBN: 9784572002051

幼児から
277×202m・32p

この作品が含まれるテーマ

>>>冨山房(出版社)の最新情報はこちら!

出版社からの紹介

昔、色のない時代がありました。魔法使いが、最初は青、次は黄色、その次は赤の世界を
つくりだします。 でも、一つの色だけでは、なんだか落ち着きません。
そこで色を混ぜ合わせると、どうなったでしょう?

いろいろへんないろのはじまり

ベストレビュー

意外に…。

「芸術の秋」をテーマに5年生の読み聞かせした絵本です。 

 絵は地味です(;_;)…が、本の題名と内容は意外にユニークです。

 変わり映えがなく退屈な「はいいろの世界」からお話がはじまり、悲しい気分になる「あおの世界」→ まぶしくて頭の痛む「きいろの世界」→ 怒りっぽくなる「あかの世界」へと、色とともに人々の感情が変化する様が楽しめます。

また、「あお、きいろ、あかをそれぞれ2色ずつ混ぜたら何色になるか?」を子ども達に尋ねながら読み聞かせできる所もあります(5年生には簡単すぎました〜)。

お話は少し長いけど、変化が楽しく引き込まれる絵本です。
(はなたま*さん 30代・ママ 女の子9歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーノルド・ローベルさんのその他の作品

たんけんクラブ シークレット・スリー / まるごとごくり! / かわうそオスカーのすべりだい / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / 4ひきのりっぱなこぐま / ぐるんぐるんつむじかぜ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

いろいろへんないろのはじまり



全ページためしよみ
年齢別絵本セット