おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
でんしゃがまいります
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でんしゃがまいります

作・絵: 秋山 とも子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「でんしゃがまいります」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月

4才〜5才向き
こどものとも年中向き 2008年10月号

出版社からの紹介

駅はどこかへ行くための通過地点で、通勤通学の人、旅に出かける人、帰ってきた人、いろんな人たちが行き交います。駅で働く人たちもいて、ずっと見ていると、いろんな人間模様が伺えておもしろいですね。この絵本は、1980年代後半の新宿駅の一日を描いた作品です。徹底した取材に基づいて丁寧に描かれているので、隅々まで楽しめます。

ベストレビュー

駅の一日が分かります

 息子は大の電車好きです。図書館に行った時、自ら手にとり選びました。新宿駅の一日を描いた絵本です。小さい活字で会話が書いてあるのには息子は大喜び。「こんなとことしているねー」って会話がはずみました。靴をホームに落とした女性を笑ったので、お母さんもそういう経験あるんだよって体験談を話したりして、電車好きの子と読むと会話がとっても楽しいです。写真と違うので絵がとっても優しく、あったかいです。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


秋山 とも子さんのその他の作品

でんしゃがまいります / おおばっちゃんちに またきてたんせ / 雨をよぶ龍 / おとうさん / ふくのゆのけいちゃん / むらいしゃ ごろうせんせい



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

でんしゃがまいります

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット