新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
だれをのせるの、ユニコーン?

だれをのせるの、ユニコーン?

作: エイドリアン・ミッチェル
絵: スティーブン・ランバート
訳: おかだよしえ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784566007246

25.8X25.8cm/32ページ

出版社からの紹介

「名なしのゾエ」は、やさしい声のみなし子。ある日、王様の命令で森へ入り、まぼろしの馬・ユニコーンをよびだす。けれども、ゾエは知らなかった。王様は、ユニコーンをころすつもりだったのだ。そこで、ゾエは…。詩情ゆたかなイラストでえがく、ユニコーンと少女の心うつ物語。

ベストレビュー

美しい絵

絵が絵画のようで、じっとみいってしまいました。
子供よりは大人向けの内容です。
ラスト、女の子がユニコーンに乗せられていってしまうのですが、その先が気になるまま終わってしまうのが御伽噺のようでいいのかな、と。
英語のタイトルがそのまま女の子の呼び名に関係があって、邦題ではわからず残念な気がしました。
(しのべさん 30代・ママ 女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > だれをのせるの、ユニコーン?

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

だれをのせるの、ユニコーン?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット