貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
まほうのむち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうのむち

  • 絵本
作・絵: オルガ・ルカイユ
訳: こだましおり
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まほうのむち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784566008120

30.8×23cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森へあそびにいき、まいごになった、うさぎのヴィルジルとねずみのディディ。夜になり、いっけんの家がみえてきた。ヴィルジルはとびらを、とんとん。すると、おばあさんがでてきて、「さあ、おはいり。ごちそうしてあげよう」でも…。フランスで人気の高いルカイユの絵本。

ベストレビュー

グリム童話みたい

表紙の絵といい、タイトルといい、ちょっと怖い感じのする絵本。

魔法使いのおばあさんが出てきて、「まほうのむち」で、森で迷ったこうさぎを捕らえます。

その怖いこと!

こうさぎとその友達のねずみは、良いことをしたおかげで危機一髪、助かってめでたしめでたし。

子供の好奇心と勇気と知恵がつまっていて、うちの子供たちもこんなふうに強い子になって欲しいと思いました。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オルガ・ルカイユさんのその他の作品

おおかみのおいしゃさん

こだましおりさんのその他の作品

3日ずつのおくりもの / みずたまのたび / 湖の騎士ランスロット / イカロスの夢 / ぼくはここで、大きくなった / アリ・ババと40人の盗賊



「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

まほうのむち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット