なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
バスタオルで「ぼくのまち」を作ろう!広げて遊べるバスタオルが新登場です!
おかあさんぼくできたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかあさんぼくできたよ

作・絵: 篠崎 三朗
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

くじらの子がひとりでお散歩。「ようし!」と元気に何をするのかな。ほとんど文のない、自分でお話をつくりながら遊べる、想像ふくらむ絵本。

ベストレビュー

潮吹きのできないくじらの子のお話

この本の主人公は、潮吹きのできない子鯨だ。
それが、潮吹きができるようになるまでを丁寧な絵で描かれている。
文章はたった一言「おかあさん ぼくできたよ」である。しかし、この一言にこめられた喜びをうまく
表現している。
(ななみやさん 20代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


篠崎 三朗さんのその他の作品

ツバメのおんがえし / 戦争と平和のものがたり(4) ヒロシマの歌 / りんごの花がさいていた / 大久保利通 / TOKYOステーション・キッド / 世の中への扉 福島きぼう日記



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

おかあさんぼくできたよ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット