しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
たかちゃんとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たかちゃんとぼく


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「たかちゃんとぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

写真通のための絵本

この本は、読む側の関心と読んでもらう側の気持ちがつながらないと難しい本かも知れません。

扱われている写真はモノクローム。イメージ写真ではなく、芸術写真。デジタル画像ではなく、フィルムプリント。
写真の内容ということより、写真そのものに様々な技術が駆使されています。屋内でストロボを使わないライティング、スローシャッター、アウトフォーカス…。カメラアングルの撮り方、構図、写景の切り取り方…。写真好きな人には気になる写真です。なるほど、著者紹介を見ると、細江英公氏は写真家でした。この手の写真に慣れていない人には、良く分からない世界かもしれません。

その芸術写真でストーリーを作っているのですからスゴイと思います。ただ、写真の世界としては昭和30年代から40年代の撮り方。古さを感じるかも知れない。

写真による絵本というのは初めてですが、絵とは違う面白みがありました。
ストーリー通りの写真を写すということは難しいでしょうし、ストーリーに効果的な画像にするというのは、見る側の問題もあるでしょう。そして、とった写真は修整できないという緊張感のもとに成り立っている。
写真に合わせてストーリーを変えていくことも必要なのだとも思いました。

ただ、ブラックタイガーは話の重要な登場人物だけに、あの写真だけはマイナスです。
写真や映像の技法では、何気ない風景や物に効果的に意味を持たせることがあるのですが、絵本としては子どもにわかりづらいかも。
と、息子から一言ありました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

たかちゃんとぼく

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット